東京都倫理法人会第1号単会 | 東京都上野倫理法人会 | 経営者モーニングセミナー | 東都地区 台東区 | ブログ

経営者モーニングセミナーは
毎週火曜日7:00から、上野ターミナルホテルにて

「豊かさの源 それは健康」

2017.11.21(火)
2017年11月21日(火)の上野倫理法人会では、山口県普及拡大委員長の㈱エリナ販売店代表金子聖司氏から、「豊かさの源 それは健康」についての講話をお聞きいたします。

源「物事の起こるはじめ(大辞林)」


「日経平均は9日の取引時間中に一時2万3000円の大台を超えた。」「その26年ぶりの高値更新はデフレ脱却が成長期待を押し上げる日本株ルネサンス(再生)の始まりを告げる。」など、毎日のような株価上昇で、利益を積み上げている方も多いのではないでしょうか。

2017年11月12日発行の日経ヴェリタスでこのような明るいニュースが続き、「世界の株式市場から取り残されてきた日本株。その原因だったデフレから抜け出し、ステージが変わる兆しが出てきた」と分析されています。

物事には、必ず原因があるはずです。それがわからないまま、気づかないままに「流れ」に乗ってしまうのは、安定した経営を続けていくうちに危険な結果につながりかねません。

失敗や低調と呼ばざるを得ないような時期について、何が原因かをはっきりさせ、その原因が解消したり少なくなったりするときが来たならば、正しく「次のステージ」に移動でき、そのステージででも順調に発展し続けられる可能性が高くなるものと感じます。

物事の「源」、つまりその物事が起こるはじめの時期や兆候を見分けられるというのは、将来を過信することなく自分の考えを持ち続けられる「良い」経営者かどうかの目印かもしれません。

そのような新たな「流れ」が生まれる可能性のある「はじめ」を見つけられたなら、自社をしっかりその流れに乗せ、先頭を走るなり着実に追いかけるなりの判断もしやすくなるでしょう。

良い流れに自動的に組み込まれるとは言えないからこそ、自社に合った将来の見極めがより大切になりますね。例えば宣伝広告を増やして需要を増やしたり、新商品や新技術の開発を始めたり、もしかしたら、これまでの流れだったからこそ売れた商品は、今後は減らした方がいいかも、といった判断も必要になったりするかもしれません。

それぞれの事情、環境に対してムリのないように、とは言え良い流れには乗り遅れないように「源」を見逃さず。うまく進んでいける経営者でありたいですね。

さて、来週の金子聖司氏の「豊かさの源 それは健康」でも、「あのときこうしていれば……」という後悔、反省を最大限避けるための「健康の秘訣」が、貴重なご経験と合わせてご披露いただけると期待できます。

健康に自身のある方にも、今後の健康を目指したいと意気込んでおられる方にも参考になるはずの講話を、ぜひ聞きにいらしてください!