東京都倫理法人会第1号単会 | 東京都上野倫理法人会 | 経営者モーニングセミナー | 東都地区 台東区 | ブログ

経営者モーニングセミナーは
毎週火曜日7:00から、上野ターミナルホテルにて

【会場が変わります!】9月からのモーニングセミナーは、「上野ターミナルホテル」での開催となります。お間違えのないようお越しください!

「気づく人・気づかない人」

2016.11.08(火)
2016年11月8日(火)の上野倫理法人会では、東村山・小平相談役、法人レクチャラー、(有)ジングウ美工代表取締役の神宮善市氏をお呼びし、「気づく人・気づかない人」についての講話をお聞きいたします。

気づく「それまで意識になかったことに、思いが及ぶ(大辞林)」


日本でもApple Payが始まりましたね……とは言っても、不具合が多いと聞きます。

Appleが「最も便利な方法です」「あらゆる場面で活躍します」と言っていることは間違いないはずの、多くのユーザーが期待する機能のはずですが、便利さが実感できるのは、不具合が起こらないことが前提ですね。

開発段階では「気づく」ことができなかった問題があったのかもしれません。

同じAppleについて、2016年12月号の雑誌Mac Fanでは、「アップルミュージックが音楽配信サービスの満足度調査でトップに」といったニュースや、研究開発センターの新設、新しいCMの公開、新しいOSのリリースについての発表など、大変順調そうに読み取れる話題が取り上げられています。

しかし2016年10月30日発行の日経ヴェリタスには、「アップル、取り繕った決算」と好意的とは言えない見出しがあります。

アップルは「ソフト・サービスの売上高が〜過去最高を記録したことを強調した」が、「iPhoneの売上高は13%減少し」、「10〜12月期の決算〜減収になりそうだ」など、あまり喜ばしくない部分も多いようです。

「何か良いニュースはないか」といった一つの視点から見たとき、今後に期待できる点がたくさん見つかるのも、間違いではないでしょう。

ですが「現在の状況はどうなのか」といった視点で、さらに冷静に考えてみたときには、喜べる話題だけではないと気づける可能性があります。

これはAppleだけに当てはまるわけではなく、経営者として私たちが普段から気をつけるべき点だと思われます。

自社に関して、「気づけなかった」ために問題が起きてしまったり、苦労する状況に陥ってしまったりといった大きな失敗を避けるには、考えたくない現状であっても修復できる小さい傷のうちに対応していくことが大切だと考えられますね。

さて、来週の神宮善市氏の「気づく人・気づかない人」でも、特に倫理法人会で重要視している「気づき」について参考になるお話が聞けることでしょう。

ぜひ皆さんも、上野モーニングセミナーにお越しください!